<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

昭和歌謡曲
??.PNG

先日、友人からの書き込みで昭和歌謡曲の
リクエストがありましたので。
久々に。

今回は原ゆうこさんに。

私は中学、高校で原ゆうこさんを聞いて過ごした事が
多かった気がします。
きっかけは、【YAWARA】
大好きで毎週見ていたのですが、それのエンディングテーマ
が原ゆうこさんの「少女時代」でした。

あ〜 落ち葉舞う校庭で肩を寄せ
語り合った夢は 今も忘れずにいるけど

あ〜 好きだったあの歌もあの人も
思い出に変わって秋の空にとけた


なんとも言えない、本当に少女時代の頃の
あの空気がそのまま感じられる。
切なくも、楽しく早く、もろい、といいましょうか。
でも、さみしくはない。
好きな人がいた時に聞いていた好きな歌は
その人と一緒に、思い出に消えたり現れたり
しますよね。
そして、匂いや空気が蘇って、キューっ!
となる事も…
不思議です。少女時代。

それから【みんなのうた】で使われていた
「かいじゅうのうた」
自身の息子さん達をモデルにしたとても可愛い
一曲でした。

わかってよ アニキの気持ち
君といれば 楽しい
二人仲良く遊ぼう

そして、今でも聞く日が多い一番大好きな一曲
【花咲く旅路】

すずなりの花を摘み 吹く風に夏を知る
穏やかに あぁ 穏やかに
今 ぼんやり遠くを眺めてる

遥かなる空のはて 思い出が駆け巡る
なだらかな こな なだらかな
名前さえ知らない坂だけど

咲く紫は 旅路を彩る

出づこへ?と鳥はなき 夢出づる国をゆく
世の中は あぁ 世の中は
何故 こんなに急いてと流れてく

今宵は月が 旅路を照らそうぞ

喜びが 川となり 悲しみは 虹を呼ぶ
道なきぞこの旅だけど
でもこんなに上手に歩いてる

稲穂の先が いつしかたれこうべ
咲く紫は旅路を彩る

生きることそのものが旅で、出逢う全ての
万物が自然の様であったら

と、シミジミと染み入る素敵な歌です。
















スポンサーサイト
Comment








Trackback

Entry

Comment

Archives

Category

Link

my name is

Bryan  (ブライアン)

address

世田谷区太子堂1-1-11-#103

TEL & FAX

03-3410-2466

open hour

mon〜wed/13:00~21:00
thu/15:00~23:00
fri/13:00〜23:00
sat.sun/11:00~20:00

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile